インフラ設計・構築|株式会社日比谷情報システム

INFRASTRUCTURE DESIGN&CONSTRUCTIONインフラ設計・構築

幅広い知識でお客様の課題に応えます

1985年の製造業向け企業内ネットワーク(LAN)導入をきっかけに、1990年代にはクライアント・サーバのサーバシステムの構築まで拡大してきました。 さらに、これまでお客様に最適なインフラを提供するべくお客様の課題に応え続ける事で、サーバ、ネットワーク、ストレージ、仮想化などインフラ全般の技術に対する豊富な知識や経験を蓄えてきました。

現在は金融業、製造業のお客様を中心としてITインフラ全般の提案・設計・構築サービスを提供しております。
大手SIer様との協力体制の強化を図り、技術支援だけではなく、プロジェクト単位で支援する案件も増えており、当社プロジェクトマネージャー/リーダーを中心としチームで案件を推進しております。
また、当社にはサーバ/OS/ネットワーク/ストレージ/DBなど幅広い知識を持つマルチスキルエンジニアが多数おり、様々な案件に対応し高い評価を得ております。
今後も時代の流れやお客様のニーズに柔軟に対応し、より満足度の高いサービスを提供してまいります。

インフラ設計・構築の技術領域

インフラ設計・構築の技術領域

今後の取り組み

技術革新への対応

今後はオンプレミスの環境とクラウドシステムを融合したITインフラ基盤が拡大していくと考えられます。 そのためには、SDI(Software Defined Infrastructure)、Infrastructure as code などの技術革新に素早く対応し、ネットワークおよびサーバ・インフラ構築力を向上したいと考えております。

このページのトップに戻る