品質に対する取り組み|株式会社日比谷情報システム

PROJECT MANAGEMENT品質に対する取り組み

重点施策

1.プロジェクトの可視化と支援

プロジェクト開始~終了まで主に以下の通りプロジェクトに対し支援をおこないます。

  • プロジェクト立上時における計画策定の支援
  • プロジェクト実行中の定期的な状況共有とリスクに対する取り組みの支援
  • プロジェクト終了時における結果報告の支援

また、ステアリングコミッティを設置しプロジェクトにおける意思決定の支援をおこないプロジェクトの孤立化を防止し健全な運営をおこなっております。

2.プロジェクトマネジメント標準化

Slerとしてより多くのプロジェクトを推進していくにあたって属人化したやり方では全体的な底上げは困難であると考えます。
CMMIのように成熟度を向上させていき組織的な運営をおこないプロジェクトの安定化を実現します。
プロジェクトマネジメントにおける組織的な基準や手法を整備し経験が浅いプロジェクトマネージャーであってもプロジェクトの安定化を実現することを目指します。
ただし、仕組みを導入するだけではなく「管理のための管理にしない」ことや「形骸化を防止」するために、事業部門と密に連携し適宜、改善してまいります。
従来のウォーターフォール向けの標準化だけではなくアジャイル向けの標準化にも取り組んでまいります。

3.ナレッジの蓄積と活用

プロジェクトにおける問題や課題は点でみれば良いものではありませんが、活用するという視点に立てば「裏付けのある知恵」になります。 過去に経験した問題や課題であれば裏付けのある対策そして効率的に解消が期待できます。
また、過去の類似プロジェクトから顕在化する前にリスクを把握することも期待できると考えています。 プロジェクトの問題や課題をよりオープンにしてプロジェクトマネジメント標準へフィードバックし、 新規プロジェクトへの活用に繋げていきます。将来的には、これらの情報をツール化して効率化を推進していきます。

今後の取り組み

今後の取り組み

システムの開発や運用を通してお客様の業務効率の向上に貢献するために、プロジェクトマネジメント力の向上が不可欠であると認識しています。
具体的には、品質・開発工程・進捗等、品質確保のためのプロセスを社内で標準化することによる生産性向上に取組んでおります。
また、「プロジェクトマネジメント力向上」に向けた教育にも注力しております。
これにより、プロジェクト側が本来のお客様個別のニーズに注力でき、顧客満足度の向上に繋がると考えております。
さらに、プロジェクトを進める過程で修得したノウハウ・情報・成果物等をナレッジとして活用できるよう蓄積・整理し他のプロジェクトへ展開・浸透させる仕組み作りに取り組んでまいります。

このページのトップに戻る